[女たらし。]

夜勤の介助者が帰り際、

「ぢゃあ、ミカヅキさん、また月曜日に」

と云うので、わたしは応える。

「はーい」

すると、
介助者が云う。

「テンション、低っ! 厭(いや)そう……」

少し寂しそうな云い方にどきりとする。

慌てて弁解する。

「違いますよ〜、月曜日まで○○さん(←介助者の名前)に逢えないのか、とおいな〜と思ったら、寂しくなったんです(>_<")!」

「ミカヅキさん、うまいですね〜(>_<")!」

はい、
わたし、女たらしですから(´・ω・`)!
2018.08.03

旧いもの TOP 新しいもの

HOME

まろやかコラム Ver1.12b