[乱歩と同性の恋]

わたしは乱歩の初期短編が無性に好きだ!

江戸川乱歩。
云わずと知れた大家である。
この、乱歩の初期短編が傑作揃い!

乱歩は同性愛研究でも知られる。
その点からも、わたしは心惹かれてしまう!

わたしの中の腐った部分

わたしの中の同性愛者的な部分
が、
キュイキュイ反応するのだ!

乱歩は少年時代、かなりの美少年だったらしい。
そのころにふたつの同性愛体験を有している。

同級生からラブレターを貰って交際したもの

「年配も背格好も僕くらいで、やっぱり相当な美少年」とのプラトニックなもの
である。

特に後者は、乱歩がのちに、

「実にプラトニックで、熱烈で、僕の一生の恋が、その同性に対してみんな使いつくされてしまったかの観がある」

と語っているくらい、印象深いものだった。

「ちょっと二人の身体がふれ合ってもゾクッと神経にこたえる。手を握り合ったりすれば、熱がして身体が震え出す始末」

わたしはここでも乱歩に共感する。

わたしも
「実にプラトニックで、熱烈で、僕の一生の恋が、その同性に対してみんな使いつくされてしまったかの観がある」
と同じような同性愛体験を有しているのだ。

彼女とわたしは予備校で知り合った。
凄く大人しい彼女はいつも俯いていたけれど、わたしだけは気づいていた。
彼女は大変な美少女だった。

わたしは懸命に彼女に話しかけた。
僅かしか、反応がなくても。
そのうち、彼女も心を開いて呉れるようになった。

だけど、そのうちに、彼女は不安定になって行って、予備校に来なくなってしまった。
あとで聞いたところによれば

このころからわたしへの想いを自覚し、ひと知れず、悩んでいたそうだ。

わたしはそのまま、筑波大学に行き、彼女とは離れ離れになってしまった。
そうして、帰省したおりに彼女と逢ったら、別れ際、彼女は号泣した。

そのころになっては、さすがに鈍いわたしでも彼女のわたしへの想いには気づいてきた。
そして、見ていられなかった。

わたしは彼女を受け容れた。

だけど、わたしは自分の好きについて、懐疑的だった。わたしはたしかに彼女を好きだ。けれど、彼女に恋をしていると云いきれるのか。

彼女は
「わたしはカゲリちゃんを抱くことも躊躇(ためら)わないよ。」
と云っていたけれど、
わたしはこわかった。
自意識の軛(くびき)が強すぎて、他者に自分を晒すことには抵抗があった。

一年ほど経ったころだろうか、わたしはサークルの先輩から告白された。
同時に迷い出した。
「好きなひとはいる?」と訊かれて。

ひとつには自分はヘテロだと思いたかったのだ。

しかし、彼女はわたしの迷いを赦さなかった。
わたしは彼女を喪(うしな)った。

喪(うしな)ってみて、はじめて、痛感させられた。
自分の中に彼女が占める大きさ。

そして、すぐに後悔したけれど、もう遅かった。

こうやって、わたしは彼女と自分の欠けがえのない恋を喪(うしな)ったのだった。

それからも男女問わず恋びとはできたけれど、誰のことも彼女のようには想えなかった。

後年、乱歩のことばを知ったとき、わたしは深く納得したものだ。

「実にプラトニックで、熱烈で、僕の一生の恋が、その同性に対してみんな使いつくされてしまったかの観がある」

わたしも彼女に一生の恋を使ってしまったのだ。
2018.07.28

旧いもの TOP 新しいもの

HOME

まろやかコラム Ver1.12b