[女たらし。2]

介助者が頼んでいないのに
お茶を持ってきて呉れた

その瞬間
渇きを実感したわたしは叫んだ

「うわ〜! ○○さん(←介助者の名前)、愛してる♪」

すると
介助者冷ややかにひと言。

「どうせ、あたし以外にもみんなにおなじようなことを云ってるんでしょ?」

o(*^▽^*)oあはっ♪
2018.08.06

旧いもの TOP 新しいもの

HOME

まろやかコラム Ver1.12b